【アニメ】『盾の勇者の成り上がり』 1話は面白い?なろうヘビーユーザーが視聴した感想。【1話はひたすら主人公が陥れられる耐久アニメ】

【アニメ】『盾の勇者の成り上がり』 1話は面白い?なろうヘビーユーザーが視聴した感想。【1話はひたすら主人公が陥れられる耐久アニメ】
《暇を潰したいあなたにおすすめのサービス一覧》

▼Book☆Walker無料新規登録限定で幼女戦記80%off&支払金額の50%ポイントバック!!漫画全巻購入しても税込1,600円以内!!

▶▶▶『幼女戦記』を80%OFFで購入する。

▼eBookJapan無料新規登録で50%offクーポン貰える!気になる漫画をまとめ買いするチャンス!

▶▶▶eBookJapanで漫画50%offクーポンをGETする

アマゾンプライムビデオで新たに2019年1月からスタートしたアニメが一斉に配信され始めたのをキッカケに「盾の勇者の成り上がり」を視聴しました。

盾の勇者の成り上がり

『盾の勇者の成り上がり』をプライムでビオで視聴する。

驚き顔アイコン ワタル

おい!
皆聞いてくれ!!

真顔アイコン トメ

ん?

戸惑いアイコン アオイ

ど、どうしました?

号泣アイコン ワタル

プライムビデオで今期の新作アニメ『盾の勇者の成り上がり』をみとったんや!!
そしたらな・・・

1話(拡大47分)を丸々使って 主人公を陥れてるやん。

圧倒的驚き顔アイコン アオイ

えぇ。

怒り顔アイコン トメ

ははっ!
そういうの良いよね☆

なろうヘビーユーザーがアニメ「盾の勇者の成り上がり」を視聴した感想

この記事は、パンチラスクリーンショットを撮る事が趣味のワタル@変態無職が書いてます。

ワイは、アニメ、ゲーム、アプリ、漫画で一日の大半を消費する筋金入りの引き籠り無職

バナー ・今、ハマってるゲームアプリは、『バンドリ』、『DEEMO』、『DarkAvenger X』。

・今期アニメの押しは、『約束のネバーランド』と『どろろ』。

・今ハマってる漫画は、『桐谷さん、ちょっそれ食うんすか?』と『川柳少女』と『侠飯』。

得意げ顔アイコン ワタル

確かにワイも感心したわ。

呆然アイコン アオイ

え?なぜ?

真顔アイコン ワタル

盾の勇者の成り上がり」って元々は、WEBサービス「小説家になろう」に投稿された携帯小説やねん。
ワイ、これアニメ化する前から見とったんや。

真顔アイコン トメ

へぇ。
やるじゃない。

喜び顔アイコン ワタル

せやから、アニメでどんな仕上がりになるんか楽しみやったんよ。

小説では、初めにこれでもかってくらい主人公がボロボロにされんねん。
アニメでも全く同じ流れで余すことなく陥れてたからな。

戸惑いアイコン アオイ

えぇ。。。

真顔アイコン トメ

ふーん。
これってどういうお話なの?

得意げ顔アイコン ワタル

『盾の勇者の成り上がり』はラノベあるある第一位の「異世界転生物」やねん。
4勇者として、剣・槍・弓の勇者と一緒に召喚された盾の勇者やねんけど、盾だけ軽蔑の対象やったんや。

せやから主人公がボロボロにされて復讐を誓うという流れに。

驚き顔アイコン アオイ

胸が痛くなりますね。
いきなり呼び出された世界で理不尽に軽蔑の対象ですか。。。

興奮顔アイコン トメ

そして始まる憎しみの復讐劇!!
たぎる…。滾るぞぉ!!!

真顔アイコン ワタル

なに滾ってんだよ。

まぁ、この『盾の勇者』は1話を乗り越えられるかどうかが鬼門だな。
とにかく1話はひたすら主人公が陥れたれるだけだからな。

ワイは、原作知ってたからから最初「あ~主人公かわいそうなことになるのになぁ。」って思いながら見とったんや。
30分くらいはずっと主人公をかわいそうな子を見る目で見てたな。

割とメンタルにきたな。

戸惑いアイコン アオイ

アニメを耐えるって・・・。

真顔アイコン ワタル

アニメはなんだかんだサクッと見終わるからいいじゃん。
小説なんか自分で読み進めるもんやから、体感苦痛はアニメの比じゃないぞ!

真顔アイコン トメ

アオイが言いたいのはわざわざ「耐える」という事をアニメで味わいたくないんじゃない?

真顔アイコン ワタル

なるほどな。
でも、1話さえ乗り越えればあとはすっきり?爽快?

面白くなるぞ!!

圧倒的驚き顔アイコン アオイ

はぁ。
こうやって背中押してくれないと、私は間違いなく1話をちょっと見て続き見ないと思います。

号泣アイコン ワタル

もったいない!!

「盾の勇者の成り上がり」の評判

「盾の勇者の成り上がり」を視聴した人の声

弱い勇者は好きです。

最近は理不尽に強い異世界召喚が多かったので好感が持てます。
全く恵まれない環境も新鮮で、無条件に判官びいきしてしまいます。
感情移入しやすったですね。
あと、主人公のやさぐれ感も個人的に好き。

Amazon

簡単に紹介すると「ハードなこのすば」
異世界ものにありがちな「ご都合設定」やら「俺強い」がない。
「異世界に来たならこれぐらい」と「ラノベ脳」を持った奴が実際に行ってみたら「甘くない」を見せつけられて人間不信になる様は、なかなかにキッツイ。
理不尽ではあるけれど、理解はできる。
そして主人公が前向きなのがいい。

Amazon

序盤はたしかに面白い。
異世界モノの中では頭一つ飛び抜けている。アニメの方は、原作小説や漫画より物語に入りやすかった。
……しかし、この作品のご都合主義加減はどうなのだろう?
今のところ、主人公の「盾しか武器として持てない」という制限が、この作品の独自性を高めている。
だがそれも、物語が進んでくれば徐々に慣れて、新鮮味もなくなってくるだろう。
そして、この世界観や人物設定が、主人公を非合理で理不尽な状況に追い込み、視聴者にストレスを与え、後に来るカタルシスを大きくするためのモノであることは分かると思う。……とはいえ、マッチポンプが透けて見える初期設定とそこから誘発される強引な展開は視聴者を萎えさせはしないだろうか?
――いや、結論を出すにはまだ早い。この時点ではまだ可能性は五分五分。この作品がどう評価されるかは、まだわからない……。
――だが、ひとつ、確実に断言できることがある。
これを機に、この作品を題材とした薄い本が、かなりの量出回ることは間違いないだろう……。

Amazon

1話を乗り切れば楽しめると思います

2話まで見たレビューです。
1話はとにかく異世界人が無能すぎてイライラします。
世界及び国の危機だというのに、召喚した4人の勇者の内主人公だけ、
盾の勇者だからというだけで、差別どころか、犯罪の濡れ衣を着せて足を引っ張ってきます。
そして他の勇者も無能とまではいきませんが、被害者の言い分だけ聞いて主人公の声に耳を貸さない、
MMOに詳しいのにタンク職の盾をバカにしている等、異世界人ほどではないですが、それなりにイライラしました。
上記のように1話はイライラしっぱなしでしたが、2話でヒロインが登場してから面白くなります。
1話で憎悪の固まりだった主人公が、ヒロインを仲間というか奴隷にしてからちょっとだけ丸くなり、
ヒロインと一緒に魔物と戦っているとき、主人公が奴隷であるヒロインを庇ったときは、
まだ主人公は完全に良心を失っていないと分かって良かったです。

盾の勇者は武器は持てないという設定があるのに、武器に使えそうなツルハシは持てるなど、
ちょっと設定が雑な部分はありますが、1話を耐えられたら、2話以降も楽しめると思います。

Amazon

『俺TUEE系』ではない異世界召喚もの。
タイトル通りで『成り上がり』なので主人公は底辺からスタートします。
選ばれて異世界召喚された勇者のはずでしたが、勇者の中でハズレだったらしく才能もなく人望もありません。
テンプレで毎クール放送している異世界転生系無双アニメでは授かった才能とそれに伴う人望があったのにこのアニメでは全く持ってない正反対の設定で驚きました。そしてまた主人公はどんどんやさぐれていきます。

1話では召喚されて早々に底辺へと落とされる話なのであまり面白くはないです。むしろ胸糞悪いです。
ですが丸々一話分(しかも47分)を主人公をただただ落とす回で使っているのは逆に感心しました。
しかも平凡くらいに落ちるのではなく最下層にまで落とすのは予想外でした。
これからの回で成り上がっていく様が本当に楽しみです。

某スライム系のアニメも意外性があり他の異世界モノとは全く違う作品でしたが、この作品も他の異世界モノとは違う視点(選ばれなかった人間)に光を当てていて新しく感じた。この作品の作者は人を信じていない感じがします。

どうでもいいのですが、主人公が装備している最初の盾の作画が明らかにショボすぎない…?
原作通りなのかな?

Amazon

第二話、アウト。

「作品世界で描かれていることは著者の一身に属する主義主張なのか。それとも著者は自分でも信じていない思想を述べているのか」というのは旧くて新しい永遠の問題です。

「PTSDは自助努力で原因を克服すれば治る。その効用があるので自ら手を下して暴力で復讐を遂げる行為はときに肯定される」といった論理はいんちきセラピーの骨格に於いても最悪の類の一つです。こういうの蒸し返すのもうやめましょうよ。
『自衛隊が異世界で戦うアレ』でもこういうのあったんだよなあ。「ドラゴンに村を焼かれたショックで精神に失調を来したエルフ(異邦人であり法的に庇護下にない)を自立させるチャンスと、主人公の現場指揮官が任務を離脱してエルフを促しドラゴンとの対決の支援を単身で始め、引きずられて現地部隊が合流してくるっていうの。

攻撃がおぼつかない自分の代わりに戦わせるため買い取った怯える奴隷少女に戦闘訓練を施すシーン。見るに堪えない。
凶暴な風船や凶暴なウサギといった街の人々が怯えるようなモンスターも、伝説級の防御力を備えた主人公には意に介するほどもなく抑え込めてしまいます。それを殺せ、と電撃を伴う命令によって強要している。
度胸付けとか忠誠心の証明とか連帯感の向上とかを理由に新兵に殺人経験を積ませる行為は戦場や武装勢力で今でも行われています。屈強で敵愾心を向けてくる捕虜が対象になることもありますが、民間人、それも恐怖に竦むばかりの何の敵意も持たない無抵抗な若い女性などが犠牲になることも珍しくありません(死んでも仕方ないと思える相手を手に掛けるよりも心的抵抗感が大きく、乗り越えるハードルが高い分だけ効果が高いからです。無力だからこそ生存のためスパイになっているのはこういう見た目の奴なんだよ!と納得させるわけ)。
こうした行為は大局的な闘争の帰結に関わらず司法上の重い罪に問われるのはもちろん、関わった者に癒えない傷を残します。心のブレーキを壊して命じるままに動く兵器にしてしまう操作ですから。
無自覚なのかなんなのか、それを描いちゃってるんだよなあ。鶏肉を得るには鶏の首を捻る経験は必要でしょうがそれと一緒だとでも考えているのかな。娯楽フィクションでもこれはだめだ…

奴隷や人種といったただでさえ細心のデリカシーを以て扱わなくてはならない事象についての理解や洞察が粗雑にすぎます。
本作に限らず、ライトノベル原作者の一定数は知性なのか感性なのか倫理性なのかどこかが麻痺しているようで憂慮しています。そのユルい思想が公刊され、アニメ化などメディアミックスを経て拡散され、拡大再生産されていくことが怖いです。
いまどきの異世界ファンタジーではしばしばゲーム的メタファーが採用されます。本作もゲームのユーザーインターフェイスに似たビジュアル表現が見られました。
18禁ノベルゲームは別カテゴリーとして、マルチユーザーのオンラインRPGにこうしたドグマに基づく差別や人身契約のシステムが含まれていたとしたら、危なっかしくて運営が立ち行かないです。その点まだゲーム業界のほうが良識的に思えます。

第一話では肩入れしたくなる主人公を描けていたんですが、第二話で原作者の脳内のほうが主役になってきた。

ラストシーンにフラグが立って、役満。

多くの関係者の方々、参加する作品を選ぶ目と意思を持ちませんか。
こういうマインドセットの原作に大切な創造力やスキルや将来を懸けて大丈夫ですか?

Amazon

「盾の勇者の成り上がり」に関するツイート

『盾の勇者の成り上がり』の感想をまとめた評価

喜び顔アイコン ワタル

・好評価と低評価の意見がすごい分かれてる作品
・俺TEEE系ではない。
・1話を乗り切れば面白くなるはずだ。

ワイ的に『盾の勇者の成り上がり』のアニメランクはCやで。

ワイがいままでレビューしてきたアニメのまとめランキング

↓『盾の勇者の成り上がり』の視聴・購入はこちら↓

小説家になろうで『盾の勇者の成り上がり』の原作を読む。

『盾の勇者の成り上がり』をプライムビデオで視聴する。

eBookJapanで『盾の勇者の成り上がり』の漫画全巻50%offで購入する【新規登録者限定】